株式会社トライバルユニットに電話工事を頼もう

19世紀最大の発明とまではいきませんが、電話はかなり便利な道具です。
電話線が通っている限り、物理的距離を無視して瞬時に情報を交換することが出来ます。
特に有用なのが、情報の送受信が可能な点です。
従来の手紙によるやり取りでは、
その問いに対する返事を受け取るには数日から数週間掛かったものです。
電話では自分の言いたいことと相手の言いたいことを即時、聞くことが可能です。
電話は、現在の飛躍的に進歩した情報社会の第一歩とも言える道具なのです。

もう少し電話の歴史について紹介しますが、最初の頃の電話は、
電卓のような数字のボタンが無かったことはご存知でしょうか。
昔は、10円(だったかどうかは分かりませんが)を入れると、
まず、電話情報センター(正式名称は不明)みたいなところに繋がり、
「どちらにお掛けしますか?」と尋ねられ、
そこで「1234567」と数字を伝えることで、中継してもらい、
目的の電話機にまで電話を掛けてくれるというシステムだったそうです。
昔は結構、一手間必要だったんです。
番号を入力することで自動で繋がるシステムは、意外と高度で複雑で、
当時の市販の電話機には搭載できなかったんです。

用途的には革命的ではありませんが、技術的な革命として、電話線を介せず、
インターネット回線を用いた電話機が登場しました。
俗に言うIP電話です。
インターネット・プロトコルや通信プロトコル、
ボイス オーバー インターネット プロトコルなど専門用語が多くて分かりにくいので、
とりあえず、インターネット回線を使う電話と覚えて頂ければ幸いです。
ちなみに、スカイプやラインもインターネット回線を用いた電話です。

電話を多用するオフィスではIP電話を使った方が、
通常の電話回線よりもおトクになることが多々あります。
そして、株式会社トライバルユニットは、
従来の電話回線からIP電話の回線に変更する工事を行っています。
IP電話の方が、月々に掛かる通信料を安くすることが出来るかもしれませんので、
見積もり依頼だけでも株式会社トライバルユニットに相談してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>