株式会社トライバルユニットの許可の取り方

顧客や消費者の許可を事前に得て行うパーミッションマーケティング方法。
株式会社トライバルユニットの主要方法ですが、
この事前に許可を得る方法がとても難しいと言えます。
例えば、相手がメールしか扱っていなかったら、
相手とのコミュニケーション方法は必然的にメールになります。
しかし、相手が事前に許可を与えた方としかメールでやり取りをしなかったら、
いつまで経っても新規の方はコミュニケーションを取ることが出来ません。
それゆえ、別の通信媒体を使って「広告をしてもいい広告」を行います。
それがパーミッションマーケティングの正体と言えます。

別の通信媒体はいくつもあります。
例えば、インターネットのサイトでは数多くの広告が溢れていると思います。
無料で作るブログにも、広告を見かけると思います。
こうした広告や公式サイト、
ソーシャルネットワークなどのインターネットを用いた方法から、
駅前の看板や新聞広告、ハガキ通知などのアナログの方法まで、
数多くの手段が存在しているのです。

株式会社トライバルユニットが手掛けているパーミッションマーケティングは
二度手間に近い広告方法ですが、その分の広告効果を見込めます。
企業とユーザーの関係を密にし、高いレスポンス率を獲得することができるのです。
また、二度手間になりますが、一回目と二回目に費やしているコストの量は全く違います。
広告のコストは、回数自体も影響ありますが、情報量もまた費用に大きく影響を与えます。
B5のチラシを100枚よりも、A4のチラシを80枚の方が高くつくこともあります。
広告というものは本来、情報をかなり詳細に載せる必要があります。
「詳しくはWEBで」という手法もありますが、
可能ならばその広告内にて語りたいことを全て語る必要があります。

パーミッションマーケティングの利点は、
一回目の「広告をしてもいい広告」を最小限の情報で発信できる点にあります。
そして、それに許可を得た方のみに「本番の広告」を行うのです。
これにより、不特定多数のすべての方に、コストの高い広告を行わずに済み、
必要な方のみに必要な情報を送ることができ、コストの軽減を図ることができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>