株式会社トライバルユニットでコミュニケーション能力を鍛える

学校で習う授業内容は時代と共に変化してきました。 江戸時代は寺子屋でそろばんの授業と日本語の読み書きの仕方を学びましたが、 今ではパソコンのエクセルを使って関数やグラフを学んでいます。 給食もそのひとつです。 単に食事を提供するだけでなく「この料理の食べ方」を学ぶことが出来ます。 パンとマーガリンを全く知らない人にその2つを提供しても、 パンにマーガリンを塗る発想は決して出てきません。 給食は1汁3菜で出てくるパターンが多いですが、 それに醤油パックが付いてきたとき、 どの惣菜に醤油を掛ければいいか分からないものです。 家庭の食事で学べないことを学べるのに、給食はとても便利なのです。 最近思うこととしては、コミュニケーションという授業が必要かもしれません。 そもそもコミュニケーションは親や兄弟姉妹と会話していれば自然と身に付くものですが、 最近では、核家族、共働き、一人っ子の家庭が増えてきました。 メールやネットなども発展していますので、 自らの口で言葉を発する機会は昔に比べて激減しています。 そこで、学校にてコミュニケーションを鍛える授業を行うことで、 不足している能力を補おうと言うものです。 私たちが社会的に生きていく上でコミュニケーション能力は必要不可欠です。 イルカのように、音波を発して仲間を見つけたり、 障害物を見つけたりしませんと、迷子になって泣いてしまいます。 株式会社トライバルユニットは様々な種類の仕事を取り扱っており、 その中でも特にコミュニケーション能力が必要な仕事として、コールセンター業務があります。 相手の要望をしっかりと聞き、それに対して、 相手が満足いく回答を迅速に適切に分かりやすく答えるには、 並大抵のコミュニケーション能力では足りません。 初めのうちは失敗の連続だと思いますが、 どんな業種でも素人をいきなり本番の舞台に立たせることはありません。 株式会社トライバルユニットの入念な研修を経て、 一人前のコミュニケーターへと成長させ、実戦の場に送り出してくれるのです。…

株式会社トライバルユニットに電話工事を頼もう

19世紀最大の発明とまではいきませんが、電話はかなり便利な道具です。 電話線が通っている限り、物理的距離を無視して瞬時に情報を交換することが出来ます。 特に有用なのが、情報の送受信が可能な点です。 従来の手紙によるやり取りでは、 その問いに対する返事を受け取るには数日から数週間掛かったものです。 電話では自分の言いたいことと相手の言いたいことを即時、聞くことが可能です。 電話は、現在の飛躍的に進歩した情報社会の第一歩とも言える道具なのです。 もう少し電話の歴史について紹介しますが、最初の頃の電話は、 電卓のような数字のボタンが無かったことはご存知でしょうか。 昔は、10円(だったかどうかは分かりませんが)を入れると、 まず、電話情報センター(正式名称は不明)みたいなところに繋がり、 「どちらにお掛けしますか?」と尋ねられ、 そこで「1234567」と数字を伝えることで、中継してもらい、 目的の電話機にまで電話を掛けてくれるというシステムだったそうです。 昔は結構、一手間必要だったんです。 番号を入力することで自動で繋がるシステムは、意外と高度で複雑で、 当時の市販の電話機には搭載できなかったんです。 用途的には革命的ではありませんが、技術的な革命として、電話線を介せず、 インターネット回線を用いた電話機が登場しました。 俗に言うIP電話です。 インターネット・プロトコルや通信プロトコル、 ボイス オーバー インターネット プロトコルなど専門用語が多くて分かりにくいので、 とりあえず、インターネット回線を使う電話と覚えて頂ければ幸いです。 ちなみに、スカイプやラインもインターネット回線を用いた電話です。 電話を多用するオフィスではIP電話を使った方が、 通常の電話回線よりもおトクになることが多々あります。 そして、株式会社トライバルユニットは、…