株式会社トライバルユニットの許可の取り方

顧客や消費者の許可を事前に得て行うパーミッションマーケティング方法。 株式会社トライバルユニットの主要方法ですが、 この事前に許可を得る方法がとても難しいと言えます。 例えば、相手がメールしか扱っていなかったら、 相手とのコミュニケーション方法は必然的にメールになります。 しかし、相手が事前に許可を与えた方としかメールでやり取りをしなかったら、 いつまで経っても新規の方はコミュニケーションを取ることが出来ません。 それゆえ、別の通信媒体を使って「広告をしてもいい広告」を行います。 それがパーミッションマーケティングの正体と言えます。 別の通信媒体はいくつもあります。 例えば、インターネットのサイトでは数多くの広告が溢れていると思います。 無料で作るブログにも、広告を見かけると思います。 こうした広告や公式サイト、 ソーシャルネットワークなどのインターネットを用いた方法から、 駅前の看板や新聞広告、ハガキ通知などのアナログの方法まで、 数多くの手段が存在しているのです。 株式会社トライバルユニットが手掛けているパーミッションマーケティングは 二度手間に近い広告方法ですが、その分の広告効果を見込めます。 企業とユーザーの関係を密にし、高いレスポンス率を獲得することができるのです。 また、二度手間になりますが、一回目と二回目に費やしているコストの量は全く違います。 広告のコストは、回数自体も影響ありますが、情報量もまた費用に大きく影響を与えます。 B5のチラシを100枚よりも、A4のチラシを80枚の方が高くつくこともあります。 広告というものは本来、情報をかなり詳細に載せる必要があります。 「詳しくはWEBで」という手法もありますが、 可能ならばその広告内にて語りたいことを全て語る必要があります。 パーミッションマーケティングの利点は、 一回目の「広告をしてもいい広告」を最小限の情報で発信できる点にあります。 そして、それに許可を得た方のみに「本番の広告」を行うのです。 これにより、不特定多数のすべての方に、コストの高い広告を行わずに済み、 必要な方のみに必要な情報を送ることができ、コストの軽減を図ることができるのです。

株式会社トライバルユニットがあらゆるサービスをお届けします

現在、日本のサービス業(三次生産)に従事している人口は 7割ほどとも言われています。 都市部と地域でかなりの差がありますが、 就業者の多くが生産性のない職に就いているとも言えます。 ただし、生産性はなくとも効率性を高めることを行っています。 例えるなら肥料のようなものです。 種と土と水と光さえあれば作物は育ちますが、 それに肥料を与えることで、 従来の10倍から20倍の収穫量にすることが出来ます。 逆に言えば、生産に関わる人口は 従来の20分の1でも賄えることを意味します。 株式会社トライバルユニットは世にあるサービス業のひとつですが、 ココの強みは自社保有のコールセンターのブースを 400台保有していることにあります。 電話は先進時代の文明を支える情報ツールのひとつであり、 今まで手紙などでやり取りしていた情報を一足飛びで相手に送り、 そして、返されることを可能にしています。 友達同士で話す電話はもちろん、 個人が事業相手に電話を掛ける機会は決して少なくありません。 エステの予約や、商品の予約注文、家電の故障のお問い合わせなど、 こうしたものも電話にて行うことが主流になります。 株式会社トライバルユニットでは こうしたコールセンター業務を外注にて行っています。 インターネット予約が最盛期に入っていますが、 それでも電話予約は廃れません。 それは互いの信頼関係を構築させるためにあると言えます。 インターネットはそのシンプルさ故に、 機械的な作業で情報をやりとりすることが可能です。 また、操作に慣れていない方も多く、誤送信は決して珍しくありません。 自分の口と耳を使った情報伝達ならば人生で生きた分だけの経験があり、…